×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

◆土壌酸度計 A (NHKの「趣味の園芸」で使用)


園芸や野菜作りにかかせない「土壌酸度計 A」です。 この酸度計ですが、電池不要で操作は超簡単です。 土壌に垂直に差し込むだけで、わずか1分間で酸度が測定できます。

土壌への挿入部分が円錐形でセンサー電極部と土壌が密着しやすく、面積も広いので測定精度が高いです。 園芸・野菜栽培等での土壌の酸度(pH)管理に最適です!

NHKの「趣味の園芸」で紹介していたので購入しました。

クド石灰を撒いた所と、そうでない所の酸度(pH値)が歴然としていて、測定器の真価が発揮されました。 ちなみにpHとは、酸性、アルカリ性を示す尺度で、7が中性です。 これより数字が小さくなると酸性、大きくなるとアルカリ性を示します。

私の測定法は、 (1)酸度計を5~7cm土に差し込む、(2)一旦抜いて穴にコップ半分の水を注ぐ、(3)再度差し込んで1分後の数値を読み取る… といった手順です。わずか1分で測定できるのが嬉しいです。 使用前に、適度の水を注ぐことがポイントです。

露地植えのブルーべリーが6年経過したので、酸性度を測定したらpH6.0~6.5(弱酸性)でした。 早速、ピートモスとコーヒーの出し殻を投与して20日後再測定したら、pH5.0~5.5(強酸性)になりました。 ブルーベリーは、好酸性植物(酸性の土が好き)なので、 ハイブッシュブルーベリー(pH4.3~4.8)、ラビットアイブルーベリー(pH4.5~5.3)が適度らしいです。

参考までに、ホウレン草に適するpH値は6.0~7.5です。 以下、ジャガイモ(pH5.0~6.0)、ピーマン(pH5.5~6.7)、スイカ(pH5.5~6.8)、ナス(pH6.0~7.3)、キウリ/トマト(pH6.0~7.0)のようになっています。

電源が不要なので、電池切れの心配がなくて安心です。 余談ですが、酸性雨が降った直後に測定すると誤差がでるので避けた方がよいかも知れません。

※下の方に、「野菜に適する酸度」を掲載しましたので参考にしてください。

土壌酸度計(pH) の詳細を見る!
↓ ↓ ↓

土壌酸度計(pH)の特徴

  • 園芸・野菜栽培等での土壌の酸度(pH)管理の目安に!
  • 電池不要で操作はカンタン。測定はわずか1分間土壌に差し込むだけです!
  • 土壌への挿入部分が円錐形でセンサー電極部と土壌が密着しやすく、面積も広いので測定精度が高いです!
  • 土壌に垂直も差し込むため、メーターが水平で指針の動くがスムーズです!

野菜に適する酸度

土の酸度(pH)は、作物の生育と根の吸肥性に大きく影響します。 pHが5.5以下にさがると、チッソ、リン酸、カリウム、の三要素をはじめ硫黄、石灰、 モリブデン等の吸収利用度が悪くなります。 したがって、大量に肥料を投入しても吸肥性が悪く、健全に生育しなくなります。 このため石化分(草木灰)を施すわけです。

逆にpHが6.5以上に上昇すると、鉄、マンガン、ホウソ、亜鉛などの吸収利用度が悪くなります。 土の酸度を簡単に見分けるには、生えている雑草を見るとわかります。

※pHは、酸性、アルカリ性を示す尺度で、7が中性です。 これより数字が小さくなると酸性、大きくなるとアルカリ性を示します。

◆土壌酸度計(pH)【口コミ】

この商品の口コミですが、アマゾンに24件以上のカスタマーレビューが投稿されています。 気になる評価ですが、5つ星のうち 4.4とかなり高いです。

アマゾンのカスタマーレビューには、実際に商品を購入していない方も投稿できますのであまり信頼できないものもあります。 アマゾンは、実際に商品を購入した方のレビューには「Amazonが確認した購入」を表示して信頼性を上げています。

口コミ1:便利

野菜の植え付けには酸度調整が不可欠なため、反応の速いこの製品は便利で、実用的です。

口コミ2:良い商品です

安い商品とこの商品で迷った結果、評判が良かったのでこちらにしました。 来てすぐに使ってます。 土にさすだけで簡単に測定できました。 おすすめです。

口コミ3:必需品です

NHKの「趣味の園芸」などで測って見せているので購入しました。家庭菜園の土の状態を知ることは基本です。苦土石灰、牛糞堆肥を混ぜて土作りをしなさいと良く言われますが効果が目に見えてわかりやすいです。

口コミ4:野菜作りには必須です

野菜作りをはじめて数年。参考とする本には、石灰によるpH調整が必要だと書いてありますが、どの程度の石灰を撒けばよいのか、よく分かりません。それに毎回毎回、撒くことが良いのか分かりません。撒きすぎればアルカリに、撒かなすぎれば酸性になってしまいます。

結局のところ、土壌のpHが直接分かればいいのです。その要望に対し、このpH計はすごく適しています。なにより、面倒なことがありません。電池もなければ、このまま土に刺すだけでpHが表示されます。その結果を見ながら、石灰を撒いていけばいいのです。農業に手を出した人にとって、これほど便利な道具はないでしょう。

残念ながら防水構造ではありません。間違ってpH計を刺したまま、水やりをしないようにしましょう。

口コミ5:結構正確に計れます

ハウスの土壌用に購入しました。 以前は普及センターかJAで計ってもらってましたが、手軽に計測したかったので。 もっと安い金属棒が2本出てるのを簡易的に使ってましたが数字が後日測ったのとは違いすぎて信用できませんでした。 これは使ってみると結構数字も安定してて、直近で測った値とほぼ同じなので正確だと思います。 取り扱い説明書も丁寧で分かりやすい。さすが日本製だと思いました。 年に何度も種蒔きや定植をする方には必需品です。